本文へスキップ
高校生に語る農業
大阪農塾2005①~④
 作品販売のお知らせ

お問合せ

〒550-0002
大阪市西区江戸堀1-4-27-401 アトリエエム内
TEL. 06-6110-5059
FAX. 06-6110-5059
E-mail. divenice★gmail.com
★を半角@にしてください

フランドン農学校の尾崎さん 関連作品
高校生に語る農業 
大阪農塾2005①~④ 
作品販売のお知らせ

「高校生に語る有機農業」

サラリーマンをやめ、
有機農業に自立の道を見出した先駆者、
尾崎零さんの高校講座。

循環する自然のシステムに逆らわない
有機農業の本質をやわらかく語る
教室のドキュメント!          (43分)


協力
大阪YMCAインターナショナルハイスクール
大阪農塾2005「農、その本質を見つめる」①

第1回「作る」   (85分)
講師 西村和雄
(京都大学農学部講師)

有機農業の基本は土を知り、土と徹底的に付き合うこと。
健康な土とは? 耕すことの意味とは? 
肥沃な土をどう作るか?

主催 大阪府有機農業研究会
大阪農塾2005「農、その本質を見つめる」②
第2回「売る」    (93分)
講師本野一郎
(JA兵庫六甲)

中国、アメリカ等の輸入野菜による価格破壊、
国内流通市場が激しく変化する中で
有機農家はどうやって生き残るのか?

主催 大阪府有機農業研究会
大阪農塾2005「農、その本質を見つめる」③
第3回「交わる」   (72分)
講師 中塚雅也
(NPO法人 食と農の研究所)

高齢化と人口減で疲弊する農村。
復活の鍵は「交わる」ことにあり。
交流を軸にした地域づくりで元気を取り戻した実践例を報告する。

主催 大阪府有機農業研究会
大阪農塾2005「農、その本質を見つめる」④

第4回「考える」    (115分)
講師 中塚華奈
(京都精華大学講師)

講師 尾崎零
(大阪府有機農業研究会前代表)


なぜ有機農業を選んだのか? 
なぜ有機農業を続けるのか?
今一度原点に立ち返り、
多様な視点からその意味を検証する。

主催 大阪府有機農業研究会

作品販売のお知らせ
お問合せ
〒550-0002
大阪市西区江戸堀1-4-27-401 アトリエエム内
TEL. 06-6110-5059
FAX. 06-6110-5059
E-mail. divenice★gmail.com
★を半角@にしてください

ナビゲーション

SEO [PR] Z[ t[Mtg@KF ₦΍ ^T[o[SEO