本文へスキップ
フランドン農学校の尾崎さん 撮影日誌①

お問合せ

〒550-0002
大阪市西区江戸堀1-4-27-401 アトリエエム内
TEL. 06-6110-5059
FAX. 06-6110-5059
E-mail. divenice@gmail.com

フランドン農学校の尾崎さん(73分) 予告編を見る作品販売のお知らせ

撮影日誌① 


農塾始まる  投稿者:高橋一郎  投稿日: 6月15日(水)22時43分52秒
  05年6月3日(金)
第11期大阪農塾のテーマは「農、その本質を客観的に見つめる」です。

  

農塾の一回目、講師は京大農学部の西村和雄さん。
タイトルは「土を育てる」。
土は作るものではない、育てるものだ。
土を育てるとは土の中に生きている無数の生物を養うこと。
 

高校生に語る有機農業  投稿者:高橋一郎  投稿日: 5月31日(火)22時56分33秒
  05年5月24日(火)
ギャルと一緒に「ハイ、ピース」

  

この日、尾崎さんは、高校生に熱く有機農業を語りました。
大阪YMCA国際専門学校国際高等課程の学生さんたち、熱心に聴いていました。
テーマは「生きることは食べ続けること」
 

収穫はじまる  投稿者:高橋一郎  投稿日: 5月31日(火)22時32分24秒
  05年5月18日(水)
夏野菜がぐんぐん育っています。

    

時折強い雨の降る中を、間引きしながらの収穫です。

    

シロナ、ミズナ、チンゲンンサイ、ホウレンソウ、ロケット、ハタケナ等10種類を収穫しました。

今年最初の配送。

    

春の気温が低かったことがよかったのか、よく育ってますよ。
ほんと、おいしそう。
 

寺子屋セミナー  投稿者:高橋一郎  投稿日: 5月31日(火)21時57分18秒
  05年5月6日(金)
先日とはうって変わって雨の日でした。
午後から大有研世話人会と寺子屋セミナーが行われました。

    

セミナーは佳境に入っています。
有機農業とは? と本質を問う話が続きます。
地球は大気、水、生物の三つの循環から成り立つ。
生命体の循環とは生命体→有機物→土→食物のこと。
循環こそが有機の基本。
有機農業は生命を大切にする社会を目指す取組みである。
納得。
 

新しい畑  投稿者:高橋一郎  投稿日: 5月23日(月)23時25分57秒
  05年5月4日(水)
五月晴れです。近所で鯉のぼりがたくさん泳いでいます。

    

元肥にする鶏糞。近所の農家で作ってもらっています。

    

今日は鶏糞を撒きました。いい土づくりの基本です。

    

    

トマトの畑には米ぬかも撒きます。これで甘みが増します。

    

使い込んだトラクター。もう15000時間使っています。

    

チンゲンサイが大きくなっています。
    
    

ジャガイモも芽を出しました。

    

「ウム、こんな風に映ってるんか」

    
 

エダマメの定植  投稿者:高橋一郎  投稿日: 5月13日(金)19時17分11秒
  05年4月29日(金)
世間はゴールデンウィークで休みに入りましたが、畑はこれからが忙しい。

  

エダマメの苗です。
定植の前に水に漬けて後の水遣りの手間を省きます。

  

苗を定植していきます。

  

腰を曲げる姿勢が続きます。

  

これはサンドマメの苗です。

  

ローアングルの撮影。
原カメラマン手作りの三脚です。

  

「しゃらん・ど・らーは」の庭ではハナミズキがきれいに咲いていました。

  
 

タマネギ畑の除草  投稿者:高橋一郎  投稿日: 5月 7日(土)16時08分37秒
  2005年4月23日(土)
裏山のツツジが綺麗に咲き始めています。

  

昨年の暮れに植えたタマネギが大きくなっています。

  

暖かくなると一気に草がはえ始めます。

  

今日はタマネギ畑の草取り作業です。
研修の学生さんが手伝っています。

  

草は根から取らないとすぐにはえてきます。
タマネギ畑は作物の間が狭いので手間がかかります。

  

草取りは姿勢が苦しい。
両脚をかなり開き、前かがみとなります。
小さな椅子を使っていますが、開脚に慣れないといけません。
尾崎さんはストレッチ運動を欠かさず、開脚は170度までいくそうです。

畝の法面は鍬を使います。

  
 

ピザの釜  投稿者:高橋一郎  投稿日: 5月 7日(土)15時29分28秒    編集済
  2005年3月8日(火)
「しゃらん・ど・らーは」の庭でピザの釜作りを撮影しました。

    

前日からいかなご漁が始まっています。
赤土は昨年の台風で、山から隣りの家に崩れてきたものだそうです。
それに耐火モルタルを足して釜を15cm厚に固めていきます。
三智子さんとお手伝い二人の女性だけの作業。
焼き物をしている方に教えてもらいながらの試行錯誤。
尾崎さんは手を出さず三人に任せている様子です。

    

ピザの焼ける日が楽しみです。
 

作品販売のお知らせ
お問合せ
〒550-0002
大阪市西区江戸堀1-4-27-401 アトリエエム内
TEL. 06-6110-5059
FAX. 06-6110-5059
E-mail. divenice@gmail.com

ナビゲーション

SEO [PR] Z[ t[Mtg@KF ₦΍ ^T[o[SEO